経営に活かす

親族間による複雑な株主関係を整理したい事例

株主A、B、C、Dは親族(Aが各社の社長)X社はかつて飲食業を運営していたが、 今は実質動いていない会社、Y社及びZ社は業態別に設立された会社である。各社とも株価は設立時よりも高くなっており、 整理するにも単純に売却して整理すると売却益に対して税金がかかってしまう。 A社長よりキャッシュアウトなく整理する方法はないものか。

その後の相続・事業承継、組織分割・合併に際に有効な組織となります