経営に活かす

複数ある事業部をそれぞれ独立した会社として経営していく事例

3つの事業を営んでいるA株式会社A。
社長αの下、各事業ごとにそれぞれ幹部イ、ロ、ハが責任者として事業を取り仕切っている。
社長αは、各幹部の経営能力向上の為、各業態を会社として分離し経営をやらせたいと考えている。

もちろん、ご子息に任せることも可能。
X・Y・ZはA社の100%子会社なので、決定権や責任はA社が持ちます。
これによりリスク対策および各子会社の社長は経営に専念することができます。